お好み焼き | お好み焼士のてっぱん道場

たこ焼きは…炒る?!

たこ焼き
『たこ焼きは“炒る”!!』

???????????

なんのことだ?と思われていますよね。

解説しましょう。

 

お好み焼きも焼きそばもたこ焼きも、「焼」の字が入っていますよね。

「焼」=焼く、加熱するということです。

 

一概に焼くと言っても、美味しく作るためには、焼き方にも違いがあります。

お好み焼きはしっかりとキャベツを蒸らす。

焼きそばは強火でしっかり炒める。

 

たこ焼きは… 

“炒る”なんです。

 

炒めると炒るは、似ているようで違います。

炒めるは、食材を混ぜて火を通すことが目的ですが、

炒るは、水分を飛ばすことが目的です。

 

外はカリっと中はトロっとしたたこ焼きのためには、

丸く成形したあと、仕上げにしっかりと炒って、表面の水分をとばすことが大切なんです!!

 

ポイントは、丸く成形したら、たこ焼きをクルクルと転がし続ける!!

一部の面が長くプレートに当たり続けないように、クルクルクルクル……

まんべんなく全てのたこ焼きを1分程クルクル出来れば完成です!


 YouTubeオンライン教室では動画でわかりやすく紹介しています

・油引きを用意しよう!

・生地を入れる量は?

・ひっくり返す時は思い切って!

・焼き色を均一にしよう

 

今回ご紹介した、最後の仕上げに“炒る”を行うことや、

≪中をトロっとさせる、粉に対しての加水率≫

中がとろっとしたたこ焼きは生地の配合で変わる!食感と作りやすさ

≪使うタコの工夫≫

たこ焼きの旨さはたこ汁が左右する?

などを行うとさらに、美味しいたこ焼になりますよ♡

 

ぜひ、お試しを!


メールマガジン

キャンペーンやイベント、
レシピの情報をいち早くお届けします!

メールマガジン登録はこちら

お多福グループ公式SNSアカウント

新鮮とれたての情報を随時発信中です!