お好み焼き | お好み焼士のてっぱん道場

広島お好み焼き 天かすの魅力★

広島お好み焼き

みなさん!!今回は・・・

広島お好み焼きに入れる“天かす”について語りますよ~!
そもそも天かすと聞いてどんなものをイメージしますか?

天かすとは、天ぷらを揚げる時に生じる“揚げかす”のことですが、
油の風味やコクをプラスしたり、サクッとした食感を出すために
様々な料理に使われています。

そんな天かす、何気なく広島お好み焼きに入れている方も多いのではないでしょうか?
素材について知ることで、もっともっと広島お好み焼きの魅力を 知って頂けたら嬉しいです!


早速、天かすが広島お好み焼きにどんな影響をもたらしているのか検証してみましょう!

天かすなしありを、実際に試食してみました!


今回は、オタフクが推奨しているキャベツの上に乗せて検証
キャベツ→天かす→ネギ→もやし→豚肉

出来上がりを試食・・・
天かすなしの広島お好み焼きは、それぞれの食材の味をしっかり感じられる
広島お好み焼きに仕上がっています。
たけど少しあっさりして物足りない気がします。
天かすありの広島お好み焼きは、食べた瞬間に、鼻から天かすの風味が抜けていきます!
また、お好み焼きの素材それぞれがバランスよく感じられます。

天かすありの広島お好み焼きの方が、風味やコクがプラスされて、
食べた時の素材の統一感がでることが分かりました!

風味やコクをプラスする意味では、他の料理と同じ使い方ですね!

なぜ全体的に風味やコクが広がるのかというと、天かすが野菜の水分を吸ったときに、
天かすの風味やコクが外に出ることで、キャベツが蒸しあがる時の蒸気と共にお好み焼き全体に広がるんです!


では、入れる場所によっての違いはあるのでしょうか?
こちらも検証してみましょう。 一般的に広島お好み焼き店さんで主流なのが

①キャベツの上

②豚肉の下


の2パターンが多いです!

出来上がりを試食・・・ 
比較してみると、②豚肉の下の方が圧倒的に味が濃く感じました!
豚肉の下に入れることで、豚肉が焼ける際に出る脂を天かすが吸いこんで、
こってりした味わいになります。お肉の旨みをより感じられるお好み焼きになりますね。

野菜の水分や、豚肉の脂を吸ったときに、天かすの旨みがしっかりお好み焼き全体に
広がっていくなんて~!想像しただけで美味しそう!!

蒸し焼で調理する広島お好み焼きだからこそですね。

また、天かすを置く位置1つで、違った味わいの広島お好み焼きを楽しめるんですね!

気分に合わせてぜひ焼いてみてください~!!

最後に、今回使用したオタフクの天かすをご紹介♪

特製いか天入り天かす 天華


こだわりがあるんです・・・
その名の通り、いか天、いか粉入りで、旨みがたっぷりなんです!!
またキャノーラ油100%を使用し、遠心分離でカラッと揚げているので、
マイルドな味わいに仕上がっています!油の風味やコクだけでなく、
野菜の水分や、豚肉の脂を吸ったときに、いかの旨みがしっかりお好み焼き全体に
広がっていきますよ~!

ぜひお試しあれ~!!

メールマガジン

キャンペーンやイベント、
レシピの情報をいち早くお届けします!

メールマガジン登録はこちら

お多福グループ公式SNSアカウント

新鮮とれたての情報を随時発信中です!