チャレンジングメンバーズ

2013年入社
国際学部 国際学科 出身

宇郷 麻美Asami Ugo

マーケティング部 商品企画課

マーケティング部で販売促進を経験後、現部署の商品企画へ。商品を1から作ることの難しさを日々感じながら、より良い商品を企画・提案するべく奮闘中。

私の仕事紹介

こんな調味料があったら、喜んでいただけるかな?食卓を思い浮かべて、商品を企画します。

酢・たれを中心とした新商品を企画・開発しています。
食事のシーンに合わせて、また、実際に調理をする立場の声をヒアリングしながら、商品のコンセプトを企画していきます。
このコンセプトをもとに、実際に原材料を調合して味をつくる開発担当者と、意見交換をしながら試作を重ねていきます。「さっぱりした風味」など言葉でのイメージが、調味料という形となって味わう瞬間、いつもワクワクした気持ちでいっぱいになります。

ここが仕事の魅力ポイント!

ひとつの商品に、こんなに多くの人々の思いが詰まっているなんて・・・
驚きました。

ひとつの商品が誕生するまでには、味の開発だけでなく、パッケージデザインや容器の選定、生産テストなどを行う必要があり、他部署含め、多くの人が関わっています。そのため、新商品を使っていただいたお客様から、ご感想やご意見をいただいた時は、感慨もひとしおです。
既存の商品を、よりおいしく、より使いやすくリニューアルしていくことも、大切な仕事です。ものづくりの奥深さを日々感じています。

私の挑戦

お客様の「家に帰ってすぐ使いたい」と嬉しい反応に、強くやりがいを感じました。

卸様の展示会の中で「一般のお客様が選ぶ新商品ヒット予測」という企画が行われ、「和ピクルスの酢」という商品をエントリーしました。商品のこだわりが伝わるように世界観を表現するブース作りや試食方法を試行錯誤しました。当日は、お客様から「リメイクできるのがいい」「簡単に使えるね」等のご意見と共に、加工食品部門の第1位に選んでいただけました。大きな励みになりました。

忘れられない体験

なぜ、この商品をつくるのか。商品をつくりながら、何度もふりかえる原点です。

マーケティング部で仕事を始めたばかりの頃、時間に追われ、つい納期ばかりを優先していたことがありました。そんなとき、「これが本当にベスト?誰のために、この仕事をやっているの?」と指摘されて、ハッとしました。お客様に喜んでいただけなければ意味がない、そんな当たり前のことを忘れていたのです。
それ以来、どんな業務においても「今考えていることはお客様のためになるのだろうか」と、繰り返し見直すことを心がけています。

私にとってのオタフク!

オタフクのロゴマークそのもの。あたたかくて朗らか、親しみやすいところです。アクティブな社員がたくさん、イベントに行くと誰かに会います。
とにかく皆、お好み焼きが大好き!社員同士でお好み焼き店に行くと、トッピングや麺の焼き方など、こだわりがやたら細かい話題で盛り上がります。

メンバーからのメッセージ

年下の子って、こんなにしっかりしているの?と驚かされます。実はとっても負けず嫌いな一面も(笑)
いつも人を想いやり、商品企画に最も大切な「お客様目線」を持つ、頼れる女子です!

同僚より

未来の仲間たちへ